文化・芸術

4月開講「繁昌亭落語家入門講座」15期生募集と、平成26年度大阪市立大学公開授業「大阪落語への招待」のこと

4月開講の「繁昌亭落語家入門講座」15期生募集が始まっています。
詳細は上方落語協会HPでご確認くださいね。(因みに私は2期生ですよ)

そして、大阪市立大学の公開授業「大阪落語への招待」ですが、

これまで前期授業として4月に開講していたのですが、平成26年度は後期授業となることが、大阪市立大学地域連携センターFacebookページに次のとおり告知されていました。

-----
公開授業「大阪落語への招待」について(お知らせ)

平成26年度「大阪落語への招待」は、後期授業として10月上旬に開講します。授業日程・募集方法は、7月上旬に本学ホームページ等を通じてお知らせいたします。
なお、募集方法を掲載したリーフレット(7月上旬発行)をご希望の方は、次の方法でお申し出いただくと、個別発送いたします。

◆定型封筒に82円切手を貼った「返信用封筒」を下記に送付

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学 学務企画課 地域貢献担当「大阪落語」係
*封筒に「平成26年度大阪落語チラシ希望」と明記

-この件に関するお問い合わせ-
学務企画課 地域貢献担当 
tel 06-6605-3504
-----

春も秋も、何かを始めるにはとっても良い季節ですね~(^^)
私は落語に出会えて本当に良かったな~と思っています!

23歳以下の男子!日本の伝統芸能(文楽)に興味ないですか?

 「第26期文楽研修生」募集の情報です。

 数日前に「募集期間が9月28日までなのに応募者ゼロ」ってマスコミに出ていました。私に息子がいたらすすめるんですけど、残念ながらおりませんので…。

 技芸員さんになるための研修ですから、ちょっとやってみたら?ってなわけにいきませんが、無料で、義太夫・三味線・人形実技・琴・胡弓・日本舞踊・作法・人形浄瑠璃史・上方文化史・院本講読・稽古見学・公演見学・舞台実習等が学べるのですよ。すごい、です。

 中学校卒業以上、23歳以下の男子! いかがですか?

 第2次募集(平成25年1月15日から2月28日まで)もあるようですので、いまから検討しても遅くないと思います。必要な人に情報が届きますように!

●第26期文楽研修生 募集要項
http://www.ntj.jac.go.jp/training/training8.html

 若者にいまいちばん人気?の公務員もそれはそれで良いかもしれませんが、いろんな職業があり将来の選択肢はさまざまあることを、私たち大人たちが教えてあげなくてはなぁと思います。

大阪市大の文楽「上方文化講座2012」受講者募集

毎年恒例の大阪市立大学文学部特別授業「上方文化講座2012」の受講者募集中です。今年のテーマは『絵本太功記』(尼ヶ崎の段)です。

特別講師は今年も、竹本津駒大夫さん(太夫)、鶴澤清介さん(三味線)、桐竹勘十郎さん(人形遣い)。

●授業期間: 2012年8月29日(水)~8月31日(金)
●授業時間: 連日9時30分~16時
●授業教室: 大阪市立大学学術情報総合センター10階大会議室

募集要項はこちら↓をご覧くださいね。(申込締切は7月24日です)
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/lit/lect/kamigata/2012.html

募集人数は70名、申込多数の場合は抽選です。受講料無料のとても贅沢な授業です!

今夏もなにかと節電の折、暑い夏は教室で授業をうける、寄席や劇場に足を運ぶというのも涼しい過ごし方かと思います。

知ってる人少ないのじゃないかと思うのですが、無料で鑑賞できる文楽・歌舞伎の公演記録観賞会というのもありますよ↓
http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/760.html

国立文楽劇場小ホールにて、7月13日(金)、8月4日(土)、9月7日(金)毎回午後2時からです。当日先着159名。

上方文化に触れる夏、おすすめです(^^)

ようやくブログ更新~
このペースやったら年10回ぐらいになっちゃうやんかいさ~(~_~)

大阪市立大学で文楽を学ぶ、今年は『生写朝顔話』

 これも大阪の夏の風物詩という感じがしてきました。大阪市立大学文学部特別授業「上方文化講座2011」の受講者募集です。

 今年のテーマは、『生写朝顔話』。

 特別講師はお馴染みの、竹本津駒大夫さん(太夫)、鶴澤清介さん(三味線)、桐竹勘十郎さん(人形遣い)です。

●授業期間: 2011年8月24日(水)~8月26日(金)
●授業時間: 連日9時30分~16時
●授業教室: 大阪市立大学学術情報総合センター10階大会議室

 募集要項はこちらをご覧くださいね。(申込締切は7月26日です)
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/lit/lect/kamigata/2011.html

 募集人数は70名で、申込み多数の場合は抽選です。私が受講したのはもう4年前になりますね、受講料無料のとても贅沢な授業ですよ~。

 先日、古典芸能に関する資料を見る機会がありました。

 3年前の資料なんですが、東京の文楽公演で「仮名手本忠臣蔵」を通し狂言で上演したときのこと、出演した太夫は延べ41人、三味線が延べ28人、人形遣いは主要な登場人物だけでも105人、

 しかし、プログラムに掲載の技芸員の数は、太夫27人、三味線19人、人形遣い39人、合計85人。この85人という数、文楽技芸員のほぼ全員だそうです。

 どんだけ掛け持ちしてるんやっていうことですし、文楽を上演するにはたくさんの技芸員さんが必要なのだということがわかります。

 文楽協会の2005年収支明細によると、技芸員さんの収入源である出演費を一人当たりで計算してみると、一般的なサラリーマンと変わらない年収の額だそう。技芸員さんの3分の1は重要無形文化財の総合認定保持者ということなんですけれど、高額な出演料を得ているわけではないということです。

 文楽協会が設立された1963年以前は、文楽は松竹によって経営されていたのですね。当時、松竹は文楽だけで年間5000万円の赤字を計上していたといわれているそうです。

 なかなかにたいへんですね(^^;)

 文楽公演は、東京ではチケットがすぐに売り切れるけど、大阪ではなかなか満席にならないと聞きます。(大阪のほうが劇場が大きいこともあるのでしょうけれど)

 こんな素晴らしい文化が大阪にあるのはとってもうれしいことなので、落語もいいけど文楽も!劇場に足を運びましょう、と思った次第です(^^)

米朝一門が玉三郎さんがチャリティー公演です!

さっき、「よせぴっ」編集者さんがツイッターですごい情報つぶやいてはりましたよ。転載していいかな、いいですよね(^^;)

■米朝一門チャリティー落語会

東北地方太平洋沖地震・米朝一門チャリティー落語会が開催されます。

4月27日(水)13時/18時開演。
場所=サンケイホールブリーゼ 料金=1階3,000円、2階2,500円
チケットは今日発売。
一門はノーギャラ、サンケイホールブリーゼは無償提供で売り上げは義援金として寄付されます。

<13時の部>二乗/団朝/米輔/米團治/南光/すずめ(踊り)/<小噺>米二(司会)・歌之助・雀太・小鯛/<漫才>こごろう・雀喜/む雀(ハーモニカ演奏)/<太鼓>塩鯛・出丸・わかば・米紫・ひろば・鯛蔵・そうば(出演順) ☆チャリティオークションあり!

<18時の部>雀五郎/宗助/千朝/雀松/雀三郎/<リレー落語>よね吉・しん吉・吉坊・佐ん吉・吉の丞/<漫才>吉弥・紅雀/<珍芸>雀々/<マジック>ざこば・ちょうば/<お囃子あれこれ>米平・米左・あさ吉・小鯛・大川貴子(出演順)☆チャリティオークションあり

米朝一門チャリティー落語会の問い合わせ先は
米朝事務所(06-6365-8281)です。

■坂東玉三郎、中村獅童 東日本大震災チャリティートークショー
http://www.kabuki-bito.jp/news/2011/04/post_13.html

こちらは、チケットWeb松竹の情報です。

この度、4月9日(土)、16日(土)17時より、京都・南座にて、「坂東玉三郎 中村獅童 東日本大震災 チャリティートークショー」が開催されます。 また、坂東玉三郎・中村獅童の愛蔵品などによるチャリティーバザールも合わせて行われます。なお、チャリティーの売り上げは、日本赤十字社を通じて全額寄付されます。

会場:南座(京都)
公演日時:平成23年4月9日(土)・4月16日(日)17時開演
料金(税込み):1・2階席 5,000円 3階席 2,000円

で、こんなところにひっつけてよいでしょうか(^^;)
私、落語会に出演します。

<落語ワークショップ 自由寄席>
日時:4月15日(金)19時開演(18時半開場)
場所:ワッハ上方4階 小演芸場(入場無料)
出演:天神亭きよ美(私です)、天満家村朝
   らくてん亭観光ン、天満家蝉丸、天満家哲ちり

よろしければ足をお運びくださいませ(^^)

楽しみな「乙女文楽」

 前々から興味のあった「乙女文楽」に行く機会に恵まれました。

 今週末にこんな魅力的な公演があります!

「吉田光華の乙女文楽 現代邦楽×朗読×乙女文楽」

日程: 2011年1月8日(土)
時間: 14:00-16:00
場所: 大阪市立いきいきエイジングセンターホール
    (大阪市北区菅原町10-25 南森町駅下車)
料金: 当日3000円 ・前売2500円
申込: 大阪市立いきいきエイジングセンター
     電話 06-6311-3255

【出演者】
門脇 裕子(地唄・朗読)
渡辺志津子(箏・十七絃)
麻植 武志(尺八)
宿里 節子(箏・十七絃)
今村 里美(箏)
吉田 光華(乙女文楽)

【公演内容】
春の海
おもいのたけ
つるの恩返し
出雲路
ワークショップ など

 朗読講座も持つ私の声の先生、むらおはつこさんに誘っていただきました。はつこ先生のことはまた後日に(^^)

 乙女文楽と現代邦楽と朗読ですよ! 楽しみ~。

謡本を読んでみよう!入門講座

 私は大阪市立図書館のヘビーユーザーで、図書館のHPを開くことが多いのですが、こんな魅力的な無料講座見つけました!

 「謡本を読んでみよう!『若手能』鑑賞のための入門講座」

 「西王母」「田村」「吉野静」「小袖曽我」を、実際の演能の流れに沿った解説を聞きながら、みんなで声に出して読みます。 ということですよ。

 【日時】:平成23年1月15日(土)13時から15時(開場12時30分)
 【場所】:中央図書館5階中会議室
 【定員】:60人(事前申込・先着順)
 【問い合わせ先】:利用サービス担当 電話06-6539-3326

 参加した~い!でもその日は既に予定が…残念(;;)

 事前申込が必要で先着順ということですね。HP上には受付フォームが表示されているので、まだ申込は受付しているのかな、ご関心ある方はぜひ。電話でのお問合せの場合は12/28~1/4まで休館です。

 いま図書館で借りている本は、32年前に発行された『日本人の脳』(角田忠信/著)。

 虫の声を聴いて季節や情緒を感じるのは日本人の特徴らしいです。それはDNAではなくて、日本語を用いることに由来するそう。

 日本語は母音の使い方が他の言語に比べて特徴があるようで、生まれたころから日本語を使っていると、虫の声を聴いて情緒を感じる脳になるという、とても興味深い内容です。読み進むのが楽しみです(^^)

 ちなみに、欧米人などは虫の声も機械音と同じように無意味な音ととらえるらしいです。そうなのかな、近くに外国人の方がいたら尋ねてみてください。あ、でも、日本語バリバリ操ってたら日本人と同じ脳になってるかもしれませんけど(^^;)

週末の「自由寄席」と千之丞さんのこと

 次の日曜は、ワッハ上方で落語愛好家が集う「自由寄席」ですよ!入場無料です。

 日時: 12月12日(日)午後7時~(開場6時半)
 場所: ワッハ上方4階 小演芸場(上方亭)
 出演: 天神亭つき日、天満家ひろ菜、
      猪名川亭風鈴、天満家蝉丸、
      天満家哲ちり

 私もお茶子さんとしてお手伝いに行きますので、お時間ありましたらぜひお越しくださいね(^^)

 話変わりますが、昨日の茂山千之丞さんの訃報には驚きました。体調がよろしくないとは聞いていましたが、まさか、と思いました。

 千之丞さんを好きになったのは、狂言を観たからではなく、千之丞さんの本を読んで、なのです。

 『狂言役者-ひねくれ半代記』(岩波新書/1987年発行)

 3年ほど前かな? 大阪市立図書館の払下げで見つけた本です。

 幼少のころのお稽古のこと、戦中のお話、戦後、副業を持ちながら狂言の復興に力を注がれた様子、狂言は能とは違った土壌から生まれてきたという考え方、権威やしきたりにしばられず挑戦して来られたたくさんのエピソード、親友の桂米朝さんの話もでてきます。

P1000987_2 全編に千之丞さんのチャレンジ精神と茶目っけたっぷりのお人柄が感じられて、そして何故かサイン入りで、私の大切な大切な一冊になっています。

 「冥土へも そろりそろりと 参らばや」

 千之丞さんが還暦に行ったご自身のお葬式、狂言葬で詠んだ辞世の句です。ご冥福をお祈りいたします。

気になる能楽イベント、落語会、ライブなど

 あれからもう2週間が過ぎようとしていますが、「社会人落語日本一決定戦」優勝は愛媛県の方でした。決勝に残った半数の方が関西以外の方だったのですね。

 この大会が上方だけのものではなく、全国の社会人落語家を対象としているんだいう事務局の想いの表れ? もちろん、落語に親しんでいる方は全国にいらっしゃるわけですからね。

 しかし、関西の人にとってみれば、ちょっと悔しいというか、またまた次回に向けてお稽古に励まななぁ、と、そんな感じでしょうか(^^;)

 さて、夏もすっかり終わり、芸術鑑賞の良い季節になりました。

 気になるイベントが目白押しです。

●11月6日(土)「たまの緊急独演会」
 いろんな事情があって? 明日の午後6:30~動楽亭にて笑福亭たまさんの緊急独演会です!(どんな事情があるのでしょうか…)
http://tamatebako.bbs.fc2.com/

●鈴木常吉さん、秋の京阪ライブツアー
 あの、MBSドラマ「深夜食堂」で話題となった鈴木常吉さんの京阪ライブツアーです。新アルバム「望郷」も発売されました。シャカシャカした音に疲れた耳と魂を潤してくれる1枚ですよ。そして、生で聴くともっといい! ぜひお出かけくださいね。

▽11月10日(水)
大阪本町 ブルーモンク
開演19:30
2000円+飲み物
大阪市西区靱本町 1-3-27
TEL:06-6445-0715

▽11月11日(木)
大阪西区京町堀 メージャー・カップ
開演20:00
2000円+飲み物
大阪市西区京町堀2丁目3-4
06-6447-1538

▽11月12日(金)
大阪天満 たこ焼きマーガレット
開演19:30
2000円+飲み物
大阪市北区菅栄町1-3
06-6809-1806

▽11月13日(土)
京都 アコシャン
開演20:00
2000円+飲み物
京都市左京区山端川原町20-8
Tel (050)7103-2233

▽11月14日(日)
京都伏見 MICA
開演20:00
2000円+飲み物(食べ物は持ちこみ自由)
京都市伏見区西柳町549-3
075-602-8096

和学講座2010 茂山千之丞に学ぶ 狂言のいろは
 茂山千之丞さんの講義が1500円で聴講できるのですね。行きた~い! 聞くところによると、千之丞さんの体調がよろしくないとか。一時のことでしょうか、ご年齢もあるのでご自愛いただきたいところです。

日時:2010年12月3日(金)18:00~20:00
会場:追手門学院 大阪城スクエア 
料金:1500円

 ところで、仕事の宣伝も少し…(^^;)
 売上あげないとお正月のお餅が買えない!?(どんなんや)

 一人医師医療法人設立事務という、個人診療所を法人化する際の手続きについてお手伝いをしています。周囲にそのような方がいらっしゃいましたらお声掛けいただけたらうれしいです。詳しくは「一人医師医療法人設立手続」ページをご参照くださいね。

 よろしくお願いいたします(^^)

南座の顔見世と外郎売

 数日前の新聞に「京都南座の顔見世興行演目決まる」とあって、顔見世って夏にもやってたっけ~?なんて、9月に入っても猛暑で師走のことと実感できませんでした(^^;)

 坂田藤十郎、片岡仁左衛門、中村吉右衛門、坂東玉三郎、市川海老蔵と、いつもながら豪華な顔ぶれです。

 夜の部の演目が興味深いですね。

 吉右衛門さん、仁左衛門さん、玉三郎さんの「仮名手本忠臣蔵・七段目」ってどうですか!

 それと、海老蔵さんの「外郎売(ういろううり)」。

 「外郎売」って、俳優さんやアナウンサーさんが滑舌をよくするトレーニングにこのセリフを使っているんですよね。私も最近教えてもらって、1日1回は練習するようにしています。

 「外郎売」の音声とテキストをアップしたページがありますので興味ある方はご覧になってみてください。

 どれぐらい練習したらつっかえずに言えるのでしょうね。「そりゃそりゃそらそりゃ」がもう言えませんわね~(^^;)

 海老蔵さんの「外郎売(ういろううり)」、聴いてみたい、観てみたいものです。

 しかし、チケット高いですね~。

 過去記事に掲載してるんですが、去年の顔見世で、どこが特別席でどこまでが一等席なのか気になって南座に電話で聞いてみたところ、聞き間違いがなければ次のようになっております。

  特別席(27,000円)   1階右・左の桟敷席、2階の1列目
  一等席(25,000円)   1階席全部と2階席の2列目以降
  二等席A(12,000円)  3階1列目
  二等席B(9,500円)   3階2列目から4列目
  三頭席(7,500円)    3階5列目から8列目
  四等席(5,500円)    3階9列目以降

 ちなみに、平成中村座のお大臣席は36,000円ですけど!なにか??

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

思いを伝えるために

  • ★意識障害は克服できる★
    白雪姫プロジェクト

話さなくても伝えられる

  • 意思伝達装置を知って下さい
    おはなしだいすき~意思伝達装置を知って下さい~

大事なことがわかる本

  • 山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。

    山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。
    うまくいかない日があっても、私には重荷だと思う日があっても、私がいつも心穏やかでいられるのは、すべてはいつかのいい日のためにあるのだと、山元加津子さんの本を読んで、そう信じることができたからだと思います。(きよ身)

無料ブログはココログ