« 東京都内で「天国からの手紙」落語講演します! | トップページ | 笑福亭たまさんの独演会に行ってきた »

49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。

49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。

滋賀県出身で5人兄弟の末っ子で、恐らく10代で大阪に出て来て就職したんやと思う。

当時37歳で学歴もないなかで、埼玉にできる新しい工場を任されることになっていたらしい。よほど頑張ったんやろうし、仕事ができる人やったんかな。妻と幼い娘2人と埼玉に引っ越す予定だった。

でも引っ越しすることはなく、父は突然1人であの世へ旅立つ。働きすぎやったのか、何の前触れもなく。6歳と5歳の娘と7歳下の妻を置いて。

無念やったやろうなと思う。妻と娘は大丈夫かとあの世で随分心配したかもしれん。

「心身ともに清く正しく美しく」と願いをこめて「清身」と名付けた二女には宝塚の女優さんにでもなって欲しかったのかな?若い時分にNHKラジオの「のど自慢」に出場するぐらい歌が好きやった父やし。

その二女はいま、人前で、歌ってはないけど、落語を自分の仕事に活かして楽しそうにしています。全部お見通しやと思うけど(^^)

この2月11日でめでたく五十回忌。ありがとうお父さん。

(若かりし頃の父↓ DNAを感じるわ~w)

Img_6665

« 東京都内で「天国からの手紙」落語講演します! | トップページ | 笑福亭たまさんの独演会に行ってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都内で「天国からの手紙」落語講演します! | トップページ | 笑福亭たまさんの独演会に行ってきた »

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想