« 養子縁組がテーマのフランス映画「めぐりあう日」 | トップページ | 鶴瓶さんの落語を歌舞伎化「廓噺山名屋浦里」と幕見席のこと »

成分献血と心電図と僧帽弁逸脱症

東京に引っ越ししてきて1年、東京で初の献血に行ってきた。

大阪在住時は続けて400ml献血をしていて(微妙に体重足りないときは200ml)、成分献血は数年ぶりぐらいかな?

「1年以内に心電図検査されましたか?」と聞かれる。してない。そういえば、以前の成分献血時にも心電図検査したなと思いだす。

成分献血では1年ごとぐらいに心電図検査が必要だそう。

というわけで、献血前に心電図検査。ちょっと異常が出たみたい。

十数年前に心電図検査で異常がでて、その後の負荷心電図検査では異常がみられず、そのとき循環器内科の先生に言われたことは、

「僧帽弁逸脱症」とのこと。

別に問題ありませんが今後も心電図検査する際には同様に異常と出ることありますよ、でも心配しなくていいですからねと説明を受けたように思う。

で、今回そんなようなことを担当の看護師さんに話して献血ルームの担当医師に確認してもらうと、問題ないとのことで成分献血OKとなった。良かった。

大阪の献血ルームでは、水分補給のために無料でもらえる飲み物を持ち込んで飲みながらの献血が当たり前だったけれど、東京では「持ち込みダメ」と言われてちょっと戸惑ったが、それ以外はスムーズに心地よく献血終わる。

タダで心電図検査してもらって、後日血液検査の結果もわかるし、アイスやクッキーやお煎餅も食べられて、もちろん水分補給のための各種ドリンク好きなだけ飲んでよくて(スープとイチゴオーレとほうじ茶オーレいただいた)、お得感満載(^^)

成分献血の所要時間は50分ぐらい。事前検査と終わってからの休憩時間を含めると全部で1時間30分ぐらい。

有楽町献血ルームは予約制なので待ち時間なくて助かる。次回はスカイツリーのソラマチにある献血ルームに行ってみようかな~。

Fullsizerender

« 養子縁組がテーマのフランス映画「めぐりあう日」 | トップページ | 鶴瓶さんの落語を歌舞伎化「廓噺山名屋浦里」と幕見席のこと »

おすすめ・お気に入り」カテゴリの記事

東京生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 養子縁組がテーマのフランス映画「めぐりあう日」 | トップページ | 鶴瓶さんの落語を歌舞伎化「廓噺山名屋浦里」と幕見席のこと »

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想