« 江戸の落語会覚書:28年4月22日小朝・円楽二人会 | トップページ | 特別養子縁組がテーマのドラマが同時期に2本! »

私は少数派?

池谷裕二先生(東京大学薬学部教授)の著書「脳はなにげに不公平」(朝日新聞出版)に、

超能力に対峙したときの人々は、ほぼ二分されます。
心から信じている人、頑なに否定する人です。
「ありえるかも」と中途半端な立場を取る人は意外と少ないようです。

とあった。

へ~って感じ。

私は「意外と少ない」うちの一人で、「ありえるかも」って思うからそういう人が多いのかと思ってた(^^;)

で、池谷先生は「中途半端な考えを持った一人です」とのこと。

ふむふむ。

そういえば、超能力の話ではないけど、「天国」や「地獄」ってあると思う?って聞くと、「ない」と即答する人いるな~。

いや、あるかもしれへんやんって私なんかは思うけど、そう考える人は少数派ってことなのかな?

« 江戸の落語会覚書:28年4月22日小朝・円楽二人会 | トップページ | 特別養子縁組がテーマのドラマが同時期に2本! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸の落語会覚書:28年4月22日小朝・円楽二人会 | トップページ | 特別養子縁組がテーマのドラマが同時期に2本! »

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

思いを伝えるために

  • ★意識障害は克服できる★
    白雪姫プロジェクト

話さなくても伝えられる

  • 意思伝達装置を知って下さい
    おはなしだいすき~意思伝達装置を知って下さい~

大事なことがわかる本

  • 山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。

    山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。
    うまくいかない日があっても、私には重荷だと思う日があっても、私がいつも心穏やかでいられるのは、すべてはいつかのいい日のためにあるのだと、山元加津子さんの本を読んで、そう信じることができたからだと思います。(きよ身)

無料ブログはココログ