« デザインを変更 | トップページ | 私は少数派? »

江戸の落語会覚書:28年4月22日小朝・円楽二人会

東京で、どんな落語を聴いたかの覚書(^^)

●春の特選落語名人会 春風亭小朝・三遊亭円楽二人会

日時:平成28年4月22日(金)18:30~
会場:大田区民ホール アプリコ大ホール

 ・開口一番「たらちね」 柳家花緑さんの10番目のお弟子さん(名前聴きとれず^^;)

 ・「扇の的」 春風亭小朝

 ・三味線漫談 林家あずみ

 ・「いたりきたり」 三遊亭円楽

「いたりきたり」というネタは初めて聴きました。なんていう演目なのかをググって知ることに。そして、桂枝雀さんの創作落語であることにびっくり。それを江戸の噺家さんがやりはるんや~、と。

円楽さんの口演中、うとうとしてしまいました。(これは私の体調の問題)前から4列目やったのに申し訳ないです(~_~;)

定員1,477人のホール、2階席までお客様が入ってて、すごいな~と思いました。

Img_6232

« デザインを変更 | トップページ | 私は少数派? »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デザインを変更 | トップページ | 私は少数派? »

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

思いを伝えるために

  • ★意識障害は克服できる★
    白雪姫プロジェクト

話さなくても伝えられる

  • 意思伝達装置を知って下さい
    おはなしだいすき~意思伝達装置を知って下さい~

大事なことがわかる本

  • 山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。

    山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。
    うまくいかない日があっても、私には重荷だと思う日があっても、私がいつも心穏やかでいられるのは、すべてはいつかのいい日のためにあるのだと、山元加津子さんの本を読んで、そう信じることができたからだと思います。(きよ身)

無料ブログはココログ