49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。

49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。 滋賀県出身で5人兄弟の末っ子で、恐らく10代で大阪に出て来て就職したんやと思う。 当時37歳で学歴もないなかで、埼玉にできる新しい工場を任されることになっていたらしい。よほど頑張ったんやろうし、仕事ができる人やったんかな。妻と幼い娘2人と埼玉に引...

» 続きを読む

東京都内で「天国からの手紙」落語講演します!

9月9日朝日新聞「ひと」欄に記事掲載後、「東京都内で講演予定はないのですか?」「落語聴きたいです!」というお問合せを多数いただき、急遽、東京都内で講演会を開催することと致しました! 創作落語「天国からの手紙」は、相続を通して家族とは?人生とは?と考えるきっかけにもなり、また遺言書の法的なことも楽しく...

» 続きを読む

朝日新聞「ひと」欄の影響力すごいです!

平成28年9月9日(金)朝日新聞2面の「ひと」コーナーに取材記事を掲載いただきました。 創作落語で「終活」を1万人に伝えた行政書士 「ひと」コーナーは、日本全国・世界から有名無名の方を紹介するというコーナーで、毎日チェックしている読者も多いようです。 ここに掲載になると聞いたとき、「へっ?ええのん?...

» 続きを読む

鶴瓶さんの落語を歌舞伎化「廓噺山名屋浦里」と幕見席のこと

2016年8月10日歌舞伎座にて、笑福亭鶴瓶さんの新作落語が歌舞伎化された「廓噺山名屋浦里」を観てきました。(8月9日初演ですので上演2日目!) 当日、幕見席に並びました。(「廓噺山名屋浦里」の幕見席は1,500円) 幕見席とは、当日券を買って希望する一演目だけを4階席(座席と立ち見あり)から鑑賞し...

» 続きを読む

成分献血と心電図と僧帽弁逸脱症

東京に引っ越ししてきて1年、東京で初の献血に行ってきた。 大阪在住時は続けて400ml献血をしていて(微妙に体重足りないときは200ml)、成分献血は数年ぶりぐらいかな? 「1年以内に心電図検査されましたか?」と聞かれる。してない。そういえば、以前の成分献血時にも心電図検査したなと思いだす。 成分献...

» 続きを読む

養子縁組がテーマのフランス映画「めぐりあう日」

平成28年6月26日、フランス映画祭2016のなかで有楽町朝日ホールで上映された 養子縁組がテーマの映画「めぐりあう日」を観てきました。 (7月30日~東京の岩波ホール他、全国で順次上映予定です) 監督のウニー・ルコント女史は、 1966年韓国ソウル生まれ。9歳のときに養子としてフランスに渡る。 ド...

» 続きを読む

「落語講演家」という肩書はどうでしょう?

落語のあとに講演するのが私のスタイルです。 「行政書士+社会人落語家」という立場で…と説明することが多いですが、 「落語講演家」という肩書はどうかと、ふと思いました。 どうですかね? 平成28年6月7日宝塚市立文化施設ソリオホールでの落語講演で、素敵な写真を撮っていただきました(^o^) <生島清身...

» 続きを読む

春風亭小朝・清水ミチコの大演芸会

平成28年6月3日(金)ティアラこうとう大ホールでの、 「春風亭小朝・清水ミチコの大演芸会」 を主人と鑑賞~ 小朝さんは「唐茄子屋政談」を口演 唐茄子ってかぼちゃのことなんですね(^_^;) 清水ミチコさんのモノマネ歌謡ショウ(?)は 爆笑、爆笑でした! 生で聴くと歌のうまさに改めて感心! 楽しい時...

» 続きを読む

特別養子縁組がテーマのドラマが同時期に2本!

「特別養子縁組」がテーマのドラマが2本立て続けにスタートしますね! ●フジテレビ「朝が来る」 原作:辻村深月著『朝が来る』(文藝春秋刊) 出演:安田成美・田中直樹 6月4日(土)午後11時40分~ ●テレビ朝日「はじめまして、愛しています。」 脚本:遊川和彦 出演:尾野真千子・江口洋介 7月スタート...

» 続きを読む

私は少数派?

池谷裕二先生(東京大学薬学部教授)の著書「脳はなにげに不公平」(朝日新聞出版)に、 超能力に対峙したときの人々は、ほぼ二分されます。 心から信じている人、頑なに否定する人です。 「ありえるかも」と中途半端な立場を取る人は意外と少ないようです。 とあった。 へ~って感じ。 私は「意外と少ない」うちの一...

» 続きを読む

«江戸の落語会覚書:28年4月22日小朝・円楽二人会

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

思いを伝えるために

  • ★意識障害は克服できる★
    白雪姫プロジェクト

話さなくても伝えられる

  • 意思伝達装置を知って下さい
    おはなしだいすき~意思伝達装置を知って下さい~

大事なことがわかる本

  • 山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。

    山元加津子: 手をつなげば、あたたかい。
    うまくいかない日があっても、私には重荷だと思う日があっても、私がいつも心穏やかでいられるのは、すべてはいつかのいい日のためにあるのだと、山元加津子さんの本を読んで、そう信じることができたからだと思います。(きよ身)

無料ブログはココログ