良元優作さんという大阪の歌い手さん

一昨日、浅草のバー(銀幕ロック)で良元優作さんの生歌を6年ぶりに聴いた。(おそらく北加賀屋ク・ビレ邸でのライブ以来) MCの大阪弁が心地良い、東京で聴くと余計に。 優作さんはやっぱりライブで聴くべしやな♪ 嬉しくてサインいただく。(こんなときのために8年前に買ったCD持参!) 最初に優作さんの生歌を...

» 続きを読む

「世界で一番美しい包丁の図鑑」という本

大田区立蒲田駅前図書館で 「貸し出しゼロ回の本(誰も借りたことない本)」 という展示やってて、粋な企画やな~とまんまとハマって借りてしまった本。 イギリスの翻訳本やけど日本の職人さんってやっぱりすごいな~と感心したり、ロンドン在住?の日本人漫画家 轡田千重(くつわだちえ)さんが漫画を担当してたり、な...

» 続きを読む

池袋演芸場に行ってきた

初の池袋演芸場、5月中席をみてきた。(もう一月前のことやけど) 昼席は12:30開始で入場したのは13:30ぐらい。チケット(2500円)を買って地下に降りていくともぎりのお姉さんがいて「どうぞ」と言ってくださる。中から落語のネタをやってる声が聞こえてくるから「いいんですか?」と聞いてみたら「構いま...

» 続きを読む

桂三度と素敵なゲストによるめっちゃええ落語会3に行ってきた

2018年6月4日(月)紀尾井小ホールで開催の 「桂三度と素敵なゲストによるめっちゃええ落語会3」 に行ってきた。 出演は三度さんの他に、東野幸治さん、天津の木村さん。 東野さんは面白かったなぁ~、芸人さんのプロの仕事をしっかりみた、という感じ。 天津の木村さんは、ご自身の本のなかからチョイスしてエ...

» 続きを読む

お母さんをえらぶ赤ちゃん

私はやっぱり お母さんを選んでこの世に生まれてきたんやなと思う。 お母さんがあの世に行って39年たつけど、ほんとにそう思う。 ありがとう、お母さん(^^)

» 続きを読む

笑福亭たまさんの独演会に行ってきた

昨日、日本橋劇場(東京都中央区)であった「笑福亭たま独演会」に行ってきた。 おもしろかったな~。 上方落語を生で聴くのは久しぶりでプロに笑わせてもろた感が心地よくて、ほんま楽しかった。こうして東京でも上方落語が聴けるのは有難いことです。 先月「新橋演舞場史上もっとも笑えるコメディ」として作られたお芝...

» 続きを読む

49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。

49年前、父は大阪の浪華絹綿という会社に勤めていた。 滋賀県出身で5人兄弟の末っ子で、恐らく10代で大阪に出て来て就職したんやと思う。 当時37歳で学歴もないなかで、埼玉にできる新しい工場を任されることになっていたらしい。よほど頑張ったんやろうし、仕事ができる人やったんかな。妻と幼い娘2人と埼玉に引...

» 続きを読む

東京都内で「天国からの手紙」落語講演します!

9月9日朝日新聞「ひと」欄に記事掲載後、「東京都内で講演予定はないのですか?」「落語聴きたいです!」というお問合せを多数いただき、急遽、東京都内で講演会を開催することと致しました! 創作落語「天国からの手紙」は、相続を通して家族とは?人生とは?と考えるきっかけにもなり、また遺言書の法的なことも楽しく...

» 続きを読む

朝日新聞「ひと」欄の影響力すごいです!

平成28年9月9日(金)朝日新聞2面の「ひと」コーナーに取材記事を掲載いただきました。 創作落語で「終活」を1万人に伝えた行政書士 「ひと」コーナーは、日本全国・世界から有名無名の方を紹介するというコーナーで、毎日チェックしている読者も多いようです。 ここに掲載になると聞いたとき、「へっ?ええのん?...

» 続きを読む

鶴瓶さんの落語を歌舞伎化「廓噺山名屋浦里」と幕見席のこと

2016年8月10日歌舞伎座にて、笑福亭鶴瓶さんの新作落語が歌舞伎化された「廓噺山名屋浦里」を観てきました。(8月9日初演ですので上演2日目!) 当日、幕見席に並びました。(「廓噺山名屋浦里」の幕見席は1,500円) 幕見席とは、当日券を買って希望する一演目だけを4階席(座席と立ち見あり)から鑑賞し...

» 続きを読む

«成分献血と心電図と僧帽弁逸脱症

プロフィールと連絡先

フォト

おしごとページ

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想